日々受けるダメージから家を守るためのメンテナンス方法

コーディングをする

フロアコーティングを比較しながら決める重要性

家の中のフローリングについて、傷や汚れを付けないようにするためにお勧めなのがフロアコーティングですが、その種類についてよく比較した上で決めることが大切であります。 例えば、小さな子供が居る家庭において、無邪気に走り回ることを想定して、比較的滑りにくいフロアコーティングが必要です。これはペットを飼われている方も同様でしょう。 また、費用についての比較も重要であります。一般的に同じ用途のフロアコーティングでも値段によって効果が効く期間が異なりますので、値段と仕様を見合わせながら比較をして決めると良いです。フロアコーティングは部屋の中の家具や家電などを移動しながらコーティングしなければならないで大作業になります。効き目が2、3年程度で終わるようなコーティングでは再び手間がかかってしまいますので、作業が大掛かりであることも加味して有効期間を比較して決めることが好ましいです。

フロアコーティングの種類とそのメリット・デメリットの比較

フロアコーティングとひとことで言ってもその方法には様々な種類があります。 フロアコーティングを行う際にはそれらのメリット、デメリットを比較して自分の家の現状に最も適したものを選択することが大切です。 比較項目には主なものに価格、乾くまでの時間、耐用年数などがあります。 耐用年数で最も優れているのはUVコーティングで20年以上の使用に耐えることが可能ですが、それだけ価格も高価です。逆にワックスによるフロアコーティングは極めて安価ですが、耐用年数は3年以下なので頻繁にコーティングをやり直す必要があります。 乾くまでの時間の比較においても最も優れているのはUVコーティングで必要な時間はゼロに等しいため、補修に時間がかかりません。ワックスもその点はなかなか優秀で1時間程度の時間で乾かすことが可能です。それに対してウレタン、ガラス、シリコンなどは乾くまでに数日の時間を要し、すぐに部屋を使用したい場合には向きません。 他にもフロアコーティングは種類によって様々な特徴があります。慎重に比較し、後で後悔のないようにしましょう。